柏が今季2度目の4連敗 昨年9月に骨折の戸嶋祥郎の復帰を飾れず

[ 2021年6月23日 22:28 ]

明治安田生命J1第19節第3日   柏0―2浦和 ( 2021年6月23日    三協F柏 )

<柏・浦和>ガックリの柏イレブン(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 柏はホームで浦和に0―2で敗れ、今季2度目の4連敗を喫した。前節19日の広島戦同様にスコアレスで試合を折り返したが、後半19分、同36分に連続失点。計9本のシュートを放ちゴールへ迫るものの、最後までネットを揺らせなかった。

 この日、昨年9月の横浜戦で左脛腓骨を骨折したMF戸嶋祥郎(25)が約9カ月ぶりにベンチ入り。後半29分からピッチに立ち「怖さとかはなかった」と、中盤でセカンドボールを拾うなど短い時間で存在感を示した。復帰戦で結果こそ伴わなかったが「今日みたいに最低限戦う姿勢を出していきたい」と今後へ意気込んだ。

 本拠地では16年2月以来負けていない浦和が相手だったが、悪い流れは止められず。チーム最多の3本のシュートでゴールへ迫ったMF瀬川祐輔(27)は「試合中のいろんな部分で勝つことにこだわらないと」と表情を引き締めた。これで8戦勝ちなし。ネルシーニョ監督(70)は「一歩一歩この状況を変えていく」と、次節27日の湘南戦を見据えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年6月23日のニュース