五輪に挑む森保ジャパン、海外組過去最多の9人 過去の反省生かし所属クラブと入念やりとり

[ 2021年6月23日 05:30 ]

男子五輪代表18人決定

五輪男子サッカー代表のメンバー構成比較
Photo By スポニチ

 日本サッカー協会は22日、MF久保建英(20=ヘタフェ)ら東京五輪に出場する日本代表メンバー18人を発表した。目指すは銅メダルを獲得した68年メキシコ大会を超える悲願の金メダル。来月5日から静岡県内での事前合宿をスタートさせる。

 過去の苦い経験を生かし、過去最多となる海外組9人の選出にこぎ着けた。五輪はクラブに選手の派遣義務がなく、前回リオ五輪は開幕直前にエース格の久保裕也(当時ヤングボーイズ)が派遣拒否された。二の舞いを避けようと日本協会は欧州に拠点を設け、国際委員がクラブを回って正式なレターでやりとりを重ねた。その尽力もあって吉田らOA枠も6月上旬の活動から合流でき、反町技術委員長は「今の段階で一歩リードしている」と手応えを語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年6月23日のニュース