【東京五輪 日本代表選考予定】サッカー 久保らA代表兼任組に注目 6月後半決定

[ 2021年4月14日 05:30 ]

ヘタフェのMF久保建英
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスの感染拡大で止まっていた東京五輪の日本代表選考が再開し、本格化してきた。柔道は昨年12月に男子66キロ級代表決定戦で阿部一二三が勝って内定し、全14階級の代表が出そろい、ソフトボールは3月に団体球技では最も早く代表15選手を発表した。競泳は今月上旬の代表選考会で、池江璃花子ら代表計33人が決まった。今後は体操、陸上のトラック・フィールド種目などの代表選考会が行われ、最終段階へと向かう

 サッカーは男女とも6月後半に代表選出を予定している。男子は6月5、12日、7月12、17日(VSスペイン)に親善試合を予定しており、7月に約2週間の直前合宿を経て本番に臨む。注目はA代表で活躍するDF冨安健洋(ボローニャ)やFW久保建英(ヘタフェ)ら。3月の活動では冨安とMF堂安律(ビーレフェルト)を除く、ほぼベストメンバーが集結した。森保一監督(52)は次回の6月から25歳以上のオーバーエージ枠との融合を視野に入れており、18人の絞り込みが本格化する。

 MF長谷川唯(ACミラン)が中心となる女子は、4月シリーズが実質最後のテストマッチで、絞り込みはほぼ完了。6月10、13日、7月14日の3試合はメンバーを固めて臨み、本番に向かう。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年4月14日のニュース