仙台DF真瀬 17日横浜FC戦で必勝期す「点を取られないことが大事」

[ 2021年4月14日 17:43 ]

 仙台のDF真瀬拓海(22)が14日、オンライン取材に応じ、17日の横浜FC戦について「どちらとも勝ててないチーム状況。点を取られないことが大事になる。サイドで相手の強力なアタッカーをしっかり抑えて、相手にチャンスを作らせないことを意識したうえで、攻撃に厚みを加えられればと思う」と話した。

 阪南大から今季加入し、3月10日の鳥栖戦からは先発に定着した。ただ、本人は「チャンスをもらっているが、チームとしても個人としても結果を出せておらず、このままじゃダメだという気持ちがある」と心情を吐露。そのうえで11日の横浜戦を引き合いに出し、「プレッシャーが早い相手に対して細かいミスがたくさん出ている。守備では粘り強くやれていたが、攻撃で簡単にボールを失って相手ボールにしてしまうことがたくさんあった」とさらなる飛躍のための課題を口にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年4月14日のニュース