バルセロナ 資産価値5000億円超で初の世界一 米経済誌発表

[ 2021年4月14日 05:30 ]

バルセロナの本拠地カンプノウ(AP)
Photo By AP

 米経済誌フォーブスは12日、世界のサッカークラブの資産価値ランキングトップ20を発表し、バルセロナ(スペイン)が47億6000万ドル(約5188億円)で初の1位となった。

 19~20年シーズンの利益などを基に算出し、2位は47億5000万ドル(約5178億円)のRマドリード(同)、3位はBミュンヘン(ドイツ)。前回発表の2年前に比べ20チームの平均資産価値は30%上昇したが、新型コロナウイルスの影響で平均収入は17~18年から9・6%減、営業利益は70%の減という。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年4月14日のニュース