清水 新戦力が躍動!6年ぶり開幕戦勝利 ロティーナ新監督「勝ち点3を取れたことは自信」

[ 2021年2月28日 05:30 ]

明治安田生命J1第1節   清水3ー1鹿島 ( 2021年2月27日    カシマ )

<鹿島・清水>後半38分、後藤がゴールを決めゴールの中に倒れこんで喜ぶ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 清水は新戦力が躍動し、6年ぶりの開幕戦勝利を飾った。ロティーナ新監督は11人中7人の新加入選手を先発起用。0―1の後半33分、左クロスからFWサンタナが来日初ゴールで同点とすると、同43分には左CKをニアでそらしたDF原がオウンゴールを誘発するなど新戦力の活躍が光った。昨季5位の鹿島に押され気味だったが、日本代表GK権田も好セーブを見せ、課題の失点はセットプレーからの1点のみ。指揮官は「勝ち点3を取れたことは自信になる」と喜んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年2月28日のニュース