サウサンプトン南野 チェルシー戦で「芸術家」弾 名将ベンゲル氏絶賛

[ 2021年2月22日 05:30 ]

プレミアリーグ   サウサンプトン1―1チェルシー ( 2021年2月20日 )

<サウサンプトン・チェルシー>ゴールを決めて雄叫びを上げる南野(AP)
Photo By AP

 サウサンプトンの日本代表MF南野拓実(26)が、元アーセナル監督の名将ベンゲル氏から絶賛された。20日のチェルシー戦に左MFで先発。前半33分、相手DFの間を抜けながらパスを受けるとDFとGKの位置を2度確認してから、冷静にゴールに流し込んだ。

 地元紙リバプール・エコーによれば、ベンゲル氏は「南野のゴールは私の好み。彼の心の中には芸術家がいる」と高く評価した。レンタル移籍後はこれで3戦2得点。しかもこの日は強豪チェルシーから勝ち点1を奪い、連敗を6で止める原動力となった。

 試合後、ハーゼンヒュットル監督も「ボールをキープしている時、彼は素晴らしい動きをする。あの得点は典型的な、まさにタキらしいゴール」と評価。南野が新天地での存在感を増している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年2月22日のニュース