ボローニャ冨安 両SBこなし高評価「耐久力は表彰もの」

[ 2021年2月22日 05:30 ]

セリエA   ボローニャ1―1サッスオロ ( 2021年2月20日 )

<サッスオロ・ボローニャ>相手と競り合う冨安(左)(AP)
Photo By AP

 ボローニャの冨安が左右のサイドバックでプレーした。右で先発したが、前半途中に左のヒッキーが一発退場となって移った。数的不利のチームは1点を守り切れず引き分け。それでも本職センターバックの日本代表は器用な一面を改めて示し、シニシャ・ミハイロビッチ監督は「冨安のレベルなら欧州のいかなるチームでもプレーできる」と称えた。ガゼッタ・デロ・スポルト紙は採点で7を付け「右では完璧で左に回される。耐久力は表彰もの」と高く評価した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年2月22日のニュース