浦和FWレオナルド、残り3戦を来季につなげる 「来季ももちろん浦和で頑張りたい!」

[ 2020年12月2日 13:18 ]

浦和・FWレオナルド
Photo By スポニチ

 浦和のFWレオナルド(23)が2日、オンライン取材に応じた。前節鹿島戦に敗れ、今季は目標だった来季ACL出場権獲得も完全に消滅したが、残り3戦を来季の逆襲につなげたい考えだ。

 「(来季も)もちろん、浦和で頑張りたいと思っている。次節は出場停止となるが、最後の2戦は勝利で締めくくり、来季優勝を目指して戦えるよう繋げていきたい。優勝するには強いハートが必要。チームには波があるが、良い時も悪い時も1つになって戦うこと」と語った。

 また、大槻毅監督の今季限りでの退任にも触れ「複雑な気持ちになった。プレーの強度を求められ、出せるようになった。守備への切り替えの反応も学んだ。あとはよく“落ち着け!”と言われました」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年12月2日のニュース