松本 終了間際にパスミスから失点…5試合ぶり黒星

[ 2020年12月2日 21:57 ]

明治安田生命J2第38節   群馬1―0松本 ( 2020年12月2日    正田スタ )

<群馬・松本>前半、ドリブル突破を図るジャエル
Photo By スポニチ

 J2松本は終了間際の失点で5戦ぶりの黒星を喫した。柴田監督は「負けに不思議な負けはない。90分間通してどこに問題があったか共有したい」と振り返った。

 前半からパスミスが目立ち好機を築けずシュートわずか1本にとどまった。後半は阪野、杉本、佐藤を投入し攻撃のリズムを取り戻し、同32分にセルジーニョがペナルティーエリア内で決定機を迎えたが、群馬GK松原が好セーブ。後半44分にパスミスから昨季まで松本に所属していた群馬・岩上に失点を許した。パスカットされたDF橋内は「チーム全体として個人のミスが多かった。中2日とかメンバーが替わったというのは言い訳にならない」とうなだれた。

 2戦続けて無得点に終わっているだけに攻撃の課題改善が急務となった。 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年12月2日のニュース