柏・オルンガ26点目 30発超見据えつつ「まずはチームに貢献」

[ 2020年12月2日 05:30 ]

明治安田生命J1第26節   柏2-0仙台 ( 2020年12月1日    ユアスタ )

<仙台・柏>後半、チーム2点目のゴールを決める柏・オルンガ(左端)
Photo By 共同

 明治安田生命J1リーグは1日、コロナ禍の影響で延期となった第26節仙台―柏戦の1試合を行った。柏はFWオルンガ(26)のダメ押し弾などで2―0で快勝。今季26点目を挙げ、05年に33得点で得点王となったアラウージョ(G大阪)以来、15年ぶりの30点超えが見えてきた。また、仙台は本拠地で16試合連続勝ちなしとなった。

 またも、この男が決めた。1―0で迎えた後半15分。右CKからのこぼれ球をFWオルンガが、右足で押し込んで試合を決めた。前半21分にはMFクリスティアーノの先制弾をお膳立てし、1ゴール1アシスト。今季出場27試合で3戦連発の26点目を挙げた。今季残り5試合。05年のアラウージョ以来、15年ぶりの30発超えに向けてエースは「ゴール数の意識はあるが、まずはチームに貢献してみんなで喜びたい」と力を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年12月2日のニュース