名古屋 ジョー契約解除問題でFIFAの裁定受け入れ

[ 2020年11月30日 05:30 ]

 J1名古屋は29日、元ブラジル代表FWジョーの契約解除について、名古屋への賠償を正当と判断した国際サッカー連盟(FIFA)紛争解決室の24日付の裁定を肯定的に受け入れると発表した。

 33歳のジョーは6月に退団し、古巣のコリンチャンス(ブラジル)に復帰。この動きに伴う金銭の扱いなどで見解の相違があり名古屋側が紛争解決室の裁定を求めていた。14年のW杯に出場したジョーは18年名古屋入り。同年はJ1で24得点を挙げ、得点王に輝いた。19年はケガもあり、6ゴール。今季は試合出場がなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年11月30日のニュース