首位ACミランがイブラ不在も勝利で無敗キープ ボローニャ冨安は完封勝利貢献

[ 2020年11月30日 23:00 ]

セリエA勝敗表(29日現在)     
Photo By スポニチ

 首位ACミランは指揮官とエースを欠きながらフィオレンティナを2―0で下し、無敗をキープ。2位との勝ち点差を5に広げた。新型コロナウイルス陽性のピオリ監督は不在。リーグ得点ランクトップの10得点を挙げている39歳FWイブラヒモビッチが前節に左太腿を痛めて欠場したが、コートジボワール代表MFケシエが1得点1アシストと活躍した。

 インテル・ミラノはチリ代表FWサンチェスの2試合連続ゴールなどで3―0とサッスオロとの上位対決に快勝。サッスオロと勝ち点18で並び、直接対決の成績で上回って2位に浮上した。

 リーグ10連覇を目指すユベントスは昇格組のベネベントと1―1で引き分け、無敗ながら今季5度目のドロー(4勝)。休養でベンチ外となったC・ロナウドの不在が響き、決定力を欠いた。

 ナポリはローマに4―0と大勝。25日に死去したマラドーナ氏の母国アルゼンチン代表をイメージした特別なユニホームを着用し、2度のセリエA優勝をもたらした英雄に白星をささげた。またマラドーナ氏の代名詞である10番にちなみ、前半10分にプレーを中断して拍手で故人を称えた。

 日本代表DF冨安健洋のボローニャはクロトーネを1―0で下し、今季初の連勝。冨安は開幕から9試合連続でフル出場し、昨年9月のジェノア戦以来、チーム1年2カ月ぶりの無失点に貢献した。
 日本代表DF吉田麻也のサンプドリアは30日(日本時間12月1日午前2時半キックオフ)にトリノと対戦する。

 ▽冨安健洋(ボローニャ)クロトーネ戦にフル出場(今季リーグ戦9試合無得点)

サッスオロ0―3インテル・ミラノ
ベネベント1―1ユベントス
アタランタ0―2ベローナ
ラツィオ1―3ウディネーゼ
ACミラン2―0フィオレンティナ
ボローニャ1―0クロトーネ
カリャリ2―2スペツィア
ナポリ4―0ローマ
(30日の試合)
トリノ―サンプドリア
ジェノア―パルマ
※左がホーム

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年11月30日のニュース