トットナムが首位キープ リバプール南野は今季リーグ戦初先発フル出場も存在感示せず

[ 2020年11月30日 21:14 ]

今週のイングランド・プレミアリーグ(11月27~30日)

プレミアリーグ勝敗表(29日現在)     
Photo By スポニチ

 前節に首位に浮上したトットナムは、3位チェルシーとのロンドン・ダービーでスコアレスドロー。連勝は4で止まったものの、9戦負けなしで勝ち点を21に伸ばし、リバプールを得失点で上回って首位をキープした。それでもモウリーニョ監督は「我々は優勝を争っていない。競走馬ではなく、ポニーだよ。もちろんチェルシーが大本命の一角だ」と謙遜し、かつて指揮した相手を持ち上げた。

 リバプールはVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)に泣き、ブライトンと1―1で引き分け。前半にFWサラー、後半にFWマネの得点がVARによるオフサイド判定で取り消された一方で、終了間際に微妙なファウルがVARによって相手PKとなり、同点に追いつかれた。日本代表FW南野拓実は今季リーグ戦初先発でフル出場。インサイドハーフで起用されたが、存在感を示せなかった。

 マンチェスターUは、途中出場のウルグアイ代表FWカバニが2得点1アシストと活躍。0―2から3―2と大逆転でサウサンプトンを破った。3連勝で暫定8位に浮上。アウェー8連勝はクラブ新記録で、アウェーでの4試合連続逆転勝利はプレミアリーグ史上初の快挙となった。

 ウルバーハンプトンはアーセナルを2―1で下したが、エースのメキシコ代表FWヒメネスが相手DFダビドルイスと頭同士が激突するアクシデントで、前半15分に負傷交代。ロンドン市内の病院に搬送され、手術を受けた。アーセナルは3戦未勝利で14位に転落した。

 ▽南野拓実(リバプール)ブライトン戦でフル出場(今季リーグ戦6試合無得点)

クリスタルパレス0―2ニューカッスル
ブライトン1―1リバプール
マンチェスターC5―0バーンリー
エバートン0―1リーズ
ウェストブロミッジ1―0シェフィールドU
サウサンプトン2―3マンチェスターU
チェルシー0―0トットナム
アーセナル1―2ウルバーハンプトン
(30日の試合)
レスター―フラム
ウェストハム―アストンビラ
※左がホーム
 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年11月30日のニュース