Eフランクフルト・鎌田 今季5アシストはリーグ2位タイ Bミュンヘン首位キープ ドルトムント4位転落

[ 2020年12月1日 00:02 ]

今週のドイツ1部リーグ(11月27~29日)

ドイツ1部勝敗表(29日現在)
Photo By スポニチ

 Eフランクフルトの日本代表MF鎌田大地はウニオン・ベルリン戦にフル出場し、2アシストをマークした。チーム1点目と3―2とする勝ち越し点を演出したが、その後チームは追いつかれて3―3で引き分け。鎌田の今季5アシストは、BミュンヘンのFWミュラーの6アシストに次ぐリーグ2位タイ。

 26日に契約を2024年まで2年延長したシュツットガルトの日本代表MF遠藤航は、バイエルン・ミュンヘンを相手に開幕から9試合連続のフル出場。チームは19歳FWクリバリの得点で先制したものの、1―3と逆転負けを喫した。

 Bミュンヘンは首位をキープ。前節2位のドルトムントは、昨季からリーグ戦18試合で勝利がなかったケルンに1―2と苦杯を喫し、4位に転落した。

 ブレーメンの日本代表FW大迫勇也はウォルフスブルク戦で開幕戦以来8試合ぶりに先発。前半13分に今季初アシストを記録したが、チームは3―5で敗れた。

 ▽大迫勇也(ブレーメン)ウォルフスブルク戦に先発し後半39分までプレー(今季リーグ戦6試合無得点)
 ▽鎌田大地(Eフランクフルト)ウニオン・ベルリン戦にフル出場(今季リーグ戦9試合1得点)
 ▽長谷部誠(Eフランクフルト)ウニオン・ベルリン戦でベンチで出番なし(今季リーグ戦7試合無得点)
 ▽遠藤渓太(ウニオン・ベルリン)Eフランクフルト戦でベンチ外(今季リーグ戦4試合1得点)
 ▽堂安律(ビーレフェルト)ライプチヒ戦に先発し後半30分までプレー(今季リーグ戦9試合1得点)
 ▽遠藤航(シュツットガルト)Bミュンヘン戦にフル出場(今季リーグ戦9試合無得点)

ウォルフスブルク5―3ブレーメン
ドルトムント1―2ケルン
アウクスブルク1―1フライブルク
ウニオン・ベルリン3―3Eフランクフルト
ライプチヒ2―1ビーレフェルト
シュツットガルト1―3Bミュンヘン
ボルシアMG4―1シャルケ
レーバークーゼン0―0ヘルタ
マインツ1―1ホッフェンハイム
※左がホーム

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年11月30日のニュース