横浜FC・下平監督が濃厚接触者の疑いで自主隔離 C大阪戦は増田ヘッドコーチが監督代行

[ 2020年11月29日 14:15 ]

横浜FCの下平監督
Photo By スポニチ

 横浜FCは29日、下平隆宏監督(47)が27日より新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者の疑いがあるため、自主隔離していると発表した。23日に関係者と打ち合わせを行い、その後、関係者1人がPCR検査にて陽性の判定を受けたため。濃厚接触者の判定は保健所の判断を待っている状況という。

 濃厚接触者の疑いが判明した27日には、下平監督もPCR検査を実施し、陰性の判定を受けた。また同室のスタッフルームにて作業していたスタッフ7人もPCR検査で陰性の判定を受けた。

 29日のアウェーC大阪戦はヘッドコーチの増田功作(44)が監督代行を務める。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年11月29日のニュース