鹿島 4発圧勝で逆転ACL切符へ望み 上田2発などで浦和を寄せ付けず

[ 2020年11月29日 17:00 ]

明治安田生命J1第30節   鹿島4―0浦和 ( 2020年11月29日    カシマ )

<鹿島・浦和>前半、ゴールを決め喜ぶ鹿島・上田(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 鹿島が逆転の3位浮上へ4発快勝した。浦和を4―0で下し、本拠地4戦ぶり勝利。東京五輪世代のFW上田綺世(23)が先制弾を含む2発をたたき込めば、後半にはFWエヴェラウド(29)、MFレオ・シルバ(34)が追加点で引き離した。

 暫定3位の名古屋とは勝ち点1差と肉薄。今季は残り2試合で、ACL圏内の3位浮上へ望みをつないだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年11月29日のニュース