名古屋、3連勝ならずドロー クラブ新記録の14度目無失点も笑顔なし

[ 2020年11月29日 05:30 ]

明治安田生命J1第30節   名古屋0-0大分 ( 2020年11月28日    パロ瑞穂 )

<名古屋・大分>引き分けに終わり、健闘をたたえ合う両イレブン
Photo By 共同

 明治安田生命J1リーグは28日、2試合が行われ、3位の名古屋は大分と0―0で引き分け、3連勝を逃した。7位の広島は札幌に2点を先行されたが、FWレアンドロ・ペレイラ(29)らの得点で追い付き、2―2で引き分けた。

 喜べないクラブ新記録だった。勝てば2位浮上もあり得た一戦でスコアレスドロー。07年の13度を更新する今季14度目となる無失点に封じたが、フィッカデンティ監督は「喜ばしい記録だが、0―0で終わるならば失点してでも勝つ方がいい」と笑みはなかった。GKランゲラックは「残り試合は重要だ」と前を向いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年11月29日のニュース