神戸、今大会初黒星 三浦監督、決勝T見据えスタメン総入れ替え

[ 2020年11月29日 05:30 ]

ACL1次リーグG組   神戸0-2広州恒大 ( 2020年11月28日    カタール・アルワクラ )

<神戸・広州恒大>後半、ゴール前に攻め込む神戸・イニエスタ(共同)
Photo By 共同

 神戸は大胆なターンオーバーは実らず、今大会初黒星を喫した。

 決勝トーナメント進出が確定し、前節から中2日という過密日程もあって、三浦監督はスタメンを総入れ替え。控え主体のメンバーで序盤は互角の攻防を見せたが、前半17分にGK飯倉のキックミスから与えたPKで先制されるなど2失点。「前半の失点がもったいなかった」と語った指揮官だが「コンディション調整を一番、重要視している。ラウンド16からの戦いに向けて良い準備をしたい」と切り替えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年11月29日のニュース