なでしこ合宿3日目“最後の相方”伊藤、澤イズム継承「ボール奪取能力と予測が武器」

[ 2020年10月22日 05:30 ]

 なでしこジャパン初招集のMF伊藤美紀(25=INAC神戸)が、澤イズムを胸に代表定着を誓った。代表候補合宿3日目の21日、福島・Jヴィレッジで2部練習を実施。元神戸の澤穂希さんと中盤でコンビを組んだ“最後の相方”は「澤さんがいなければ今の自分はいない。自分の良さを生かして、伸ばしていければ」と力を込めた。

 神戸2年目の15年にボランチに定着。同年での引退を表明していた澤さんとコンビを組み、誰よりも近くでレジェンドのプレーを学んできた。年代別の代表招集歴はあるが、A代表は初招集。澤さんからも「頑張って!」とエールを授かった伊藤は「ボール奪取能力と予測が武器。アピールしていきたい」と、生き残りを誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年10月22日のニュース