U―19代表候補合宿 DF成瀬“内田塾”から世界目指す「サイドバックは攻守の基点」

[ 2020年9月16日 05:30 ]

内田コーチ(右)の前で果敢にプレーする名古屋・鳴瀬
Photo By スポニチ

 U―19日本代表候補のDF成瀬竣平(19=名古屋)が“内田塾”から世界を目指す。

 合宿2日目の15日、千葉のJFA夢フィールドで全29選手がそろって練習。ミニゲームでは右サイドバックに入り、かつて鹿島などで同ポジションで活躍した内田篤人ロールモデルコーチ(32)から熱烈指導を受けた19歳は「世界で活躍された方。教えてもらったことをチームに還元してアジア、世界で戦いたい」。合宿初日からポジショニングや目線などの講義を受けてきた。「サイドバックは攻守の基点。もっと聞きに行きたい」と目を輝かせた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月16日のニュース