ハノーバー室屋 新天地デビューで好機演出!原口とともにドイツ杯1回戦突破に貢献

[ 2020年9月16日 05:30 ]

ドイツ杯1回戦   ハノーバー3―2ビュルツブルク ( 2020年9月14日 )

ビュルツブルク戦の後半、競り合うハノーバーの室屋(右)
Photo By 共同

 ハノーバーの日本代表DF室屋がドイツ杯1回戦で新天地デビューを飾った。右サイドバックとしてフル出場し、後半14分には右クロスでチームの2点目につながる好機を演出。「順当な勝利だと思う。とにかく2回戦に進めたことが何よりも重要」と振り返った。

 同僚のMF原口は後半31分までプレー。また、ビーレフェルトに新加入したMF堂安はデビュー戦で後半33分まで奮闘するも、チームは4部相当の格下に敗れた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月16日のニュース