鎌田大地、Eフランクフルトとの契約を2年延長「ここで次のステップへ」

[ 2020年9月16日 17:00 ]

Eフランクフルトの鎌田大地(AP)
Photo By AP

 ドイツ1部Eフランクフルトは16日、MF鎌田大地(24)との契約を2023年まで2年延長したと発表した。

 鎌田はクラブ公式サイトで「欧州、特にフランクフルトに居心地の良さを感じている。昨シーズン、自分の強みをチームで発揮することができた。ここで次のステップに進みたい。クラブは絶対に残って欲しいと、自分のために努力をしてくれた。良いプレーと成長することで恩返ししたい」とコメントした。

 フレディ・ボビッチSD(48=スポーツディレクター)は「鎌田大地は、我々が若手選手を育成できるという最高の例だ。期限付き移籍したベルギーで彼は大きな成長を遂げ、昨シーズンは我々のチームで力を証明した。大地が残る決断をしてくれて嬉しい。これからチームでより重要な役割を担ってくれるだろう」と契約延長を喜び、さらなる成長に期待を寄せた。

 鎌田は2017年6月にJ1鳥栖から4年契約でEフランクフルトに加入。2017~18年はリーグ戦3試合無得点と結果を残せなかったものの、2018~19年に期限付き移籍したベルギー1部シントトロイデンで公式戦36試合16得点とブレーク。Eフランクフルトに復帰した昨季はレギュラーに定着し、リーグ戦28試合2得点、欧州リーグの6得点を含む公式戦48試合10得点と活躍した。

 契約が来年の2021年6月で満了するため、クラブは契約延長に動いていたが、地元メディアでは交渉難航が報じられていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月16日のニュース