C大阪 15年ぶり6連勝へ神戸と“阪神ダービー” MF坂元「レベル高い。楽しみ」

[ 2020年9月16日 05:30 ]

16日の神戸戦へ調整する柿谷(左から2人目)ら(C)CEREZO OSAKA
Photo By 提供写真

 15年ぶりの6連勝で川崎Fにプレッシャーをかける。C大阪は15日、16日に変則日程で開催される神戸戦(ノエスタ)に向けて非公開調整。オンラインで取材に応じたロティーナ監督は「神戸の選手がレベルが高いことは誰もが分かっているが、最大限のリスペクトをしつつ、恐れを抱かずに戦いたい」と抱負を語った。

 ここまで5連勝中。過去にチームが同一シーズンで6連勝を達成したのは05年(当時は7連勝)の一度だけで、その数字にあと1に迫っている。現在は首位川崎Fより消化が1試合少ない状況で勝ち点8差。阪神ダービーに勝てば同5差となり、独走中の相手に圧力をかけられる。

 カギは、前節から神戸が中3日で臨むのに対し、C大阪は中2日という過密日程。それでも、離脱していたFWブルーノ・メンデスが復帰する可能性があり、前節ベンチ外だったFW柿谷もメンバー入りする予定。MF坂元は「(神戸は)代表選手が多くてレベルが高いことは間違いない。楽しみ」と対戦を待ちわびた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月16日のニュース