C大阪 またもゴール遠い…MF坂元ビッグチャンス逃し、首位川崎Fと勝ち点7差に

[ 2020年8月10日 05:30 ]

明治安田生命J1第9節最終日   C大阪0-0FC東京 ( 2020年8月9日    ヤンマー )

<C大阪・FC東京> 後半、ボールをキープするC大阪・坂元(左) (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 C大阪はホームでFC東京と対戦し、0―0で引き分けた。序盤に決定機を作り出しながら、チャンスを生かし切れず無得点でタイムアップ。守備面で2試合連続完封と結果を残した一方、攻撃面で得点力不足を露呈した。これで首位川崎Fとの勝ち点差は「7」に開いた。

 最後までゴールが遠かった。ビッグチャンスは前半11分。左サイドから元日本代表MF清武が正確なクロスを送り込むと、逆サイドのMF坂元がゴール前に走り込む。「ダフらないように」と右足ダイレクトで丁寧に合わせたが、これはJ1デビュー戦だった相手GK波多野に阻まれた。

 「(シュートが)対角に行かず、真ん中に行ってしまって…。そこは反省ですね。何本か決められるチャンスがあって、それを決めないといけなかった」

 かつてFC東京U―15むさしに所属し、古巣との一戦を楽しみにしてきた坂元は悔しさをあらわにした。守備陣が2試合連続完封と踏ん張った一方、攻撃陣は不完全燃焼。スコアレスドローで首位川崎Fとの勝ち点差は「7」に開いた。

 5日のルヴァン杯浦和戦で左太腿を痛めたDF木本が離脱。加えて、その試合で決勝点に絡んだMF西川とFW豊川がコンディション不良で欠場した。「潤(西川)は次のカップ戦(12日の仙台戦)に間に合うかどうか。トヨ(豊川)は膝を伸ばして、次のリーグ戦にも間に合わない」とロティーナ監督。例年にない過密日程の中、離脱者が相次ぐ苦境を迎えている。

 ただ、世間がお盆休みを迎えている状況でも、公式戦7連戦のまっただ中とあって小休止している訳にはいかない。ここからアウェー3連戦が続き、19日には川崎Fとの一戦も控える。今季、ここまでの9試合で挙げた得点数は「9」。リーグ最少失点タイの堅守を維持しつつ、攻撃陣の奮起が求められる。 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年8月10日のニュース