J2京都FW野田 3戦連発で豪雨被害の九州へ勇気を「いつもの試合より良いプレーしないと」

[ 2020年7月13日 18:27 ]

 15日に敵地で北九州と対戦する京都のFW野田隆之介(31)が、自身初の3戦連発に気持ちを高めた。「前線からプレスが速いチームなので、その分、こっちのFWの選手が1対1とか同数になることも多いと思う。そこで負けないことが大事になる」。今季アウェー初星へ向けてイメージを膨らませた。

 奮い立つ理由はチームのため、自身のためだけではない。福岡県福岡市出身。熊本県南部を中心とした九州豪雨で、大牟田市など福岡県も大きな被害に遭っている。大学卒業まで過ごした地元の苦境に野田も心を痛めており「いつもの試合より良いプレーをしないといけない」と勇気づけるプレーを約束した。

 北九州は今季昇格クラブだが、実好監督は「J2クラブの中では一番攻守に連動している」と警戒心を示す。ただ京都もリーグ再開後は2勝1分けと好調。今季初の2連勝を手にし、さらに勢いを加速させていく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年7月13日のニュース