広島 シュート8本も無得点 スコアレスドローにDF佐々木「耐えて終盤のチャンスにつなげたのは収穫」

[ 2020年7月13日 05:30 ]

明治安田生命J1第4節   広島0―0鳥栖 ( 2020年7月12日    駅スタ )

<鳥栖―広島>後半、シュートを放つ広島・野津田(左)
Photo By 共同

 前節、ホームで終盤逆転負けした広島の城福監督は「(敗戦を)払しょくするには勝つしかない」と敵地の試合に臨んだが、8本のシュートがゴールネットを揺らすことはなかった。

 ただ、積極的な選手交代で終盤は攻勢を強め「途中から入った選手が活性化すれば好機が生まれる」と戦術的には手応え。DF佐々木は「後半は持たれる時間が多かったが、耐えて終盤のチャンスにつなげたのは収穫」とプラス面を挙げていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年7月13日のニュース