鹿島イレブン 飲水タイムでもぼやき止まらず「完全にオフサイドでしょ」

[ 2020年7月5日 05:30 ]

明治安田生命J1第2節 ( 2020年7月4日 )

<川崎F・鹿島>前半、給水する鹿島イレブン(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 【蹴音マイク】◎前半11分、FC東京のFWディエゴ・オリヴェイラが受けた激しいファウル。「退場だよ!退場!」と審判に詰め寄る味方に主将のMF東やDF森重は「一回離れよう」。ピッチ上でもソーシャルディスタンスが大事ですね。

 ◎横浜FCのMF瀬古は前半29分に決定的なシュートを放つもわずかに左へ外れて「入ったかと思った!」。相当、手応えがあったようです。

 ◎鹿島イレブンは前半2分の失点について、同23分の飲水タイムに「完全にオフサイドでしょ?」。20分以上たってもぼやきは止まりません。

 ◎FC東京イレブンは後半アディショナルタイムが過ぎていることを確認すると、プレーを続けようとする主審に向かって「笛!笛!笛!」の大合唱。それほど勝利に飢えていたのでしょう。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年7月5日のニュース