無観客でも心は1つに!浦和 ビニール10万枚超6万席に描いた圧巻の「コレオ」

[ 2020年7月5日 05:30 ]

明治安田生命J1第2節   浦和0―0横浜 ( 2020年7月4日    埼玉 )

<浦和・横浜>埼玉スタジアムのサポーター席に施されたシャーレをイメージしたデザイン(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 選手が入場すると立体的に浮かぶ3Dの大型エンブレム、両脇には勝利の凱歌「We Are Diamonds」の歌詞が目に飛び込む。南ゴール裏に「WE STAND BESIDE YOU」、北ゴール裏にはシャーレ。無観客を忘れさせる壮観なビジュアルは浦和の誇りそのものだ。

 無観客のJ1再開。浦和は心を一つに「ONE HEART MATCH」と命名した。圧巻のコレオはスタッフがサポーターからアイデアをもらい、極秘に進めた選手へのサプライズ。競技運営担当の白川潤部長は「選手を奮い立たせたい。声で届けられない分、視覚で届けたい」。その一心だった。

 完成まで5日間、約6万席を赤いビニールで埋め、その上に白、黒のビニールを重ね文字や絵を彩った。スタッフが後援会、ボランティアスタッフの協力も仰ぎ「密」を避けながら作業した。立花社長がJリーグに主張した横断幕掲出はかなわなかったが、サポーターの魂は形を変え、観客席を埋めた。総数10万枚超のビニールもクラブの「SDGs(持続可能な開発目標)」への取り組みから2次利用される見込みだ。

 感染予防により選手がバラバラで入場するクラブも多い中、浦和では横浜にも提案し、個々に1.5メートルの間隔を空けた新様式の選手入場も実施した。妥協なき演出はリーディングクラブの自負と「コロナ禍の収束後、ファン、サポーターに再び戻って来てほしい」(白川部長)という思いから。この一戦に懸ける圧倒的な熱量でJ1再開を盛り上げた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年7月5日のニュース