横浜FC・一美 感謝のJ1初ゴール「医療関係者の方が頑張ってくれた」

[ 2020年7月5日 05:30 ]

明治安田生命J1第2節   横浜FC1―2札幌 ( 2020年7月4日    ニッパツ )

<横浜FC・札幌>前半16分、一美(右)が同点ゴールを決め斉藤光と抱き合う(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 横浜FCのFW一美(いちみ)がJ1初ゴールを決めた。

 豪雨被害の大きな熊本県八代市出身。家族の安否を確認してからピッチに立ち、冷静にゴール。ピッチを見下ろす横浜市立市民病院の窓には「おかえりなさい!Jリーグ」の文字。「大変な時期に医療関係者の方が頑張ってくれた」と感謝した。試合には敗れたが、後半45分から投入された42歳10日のMF中村はラモス瑠偉を抜き年長出場歴代3位に。53歳のFWカズはベンチ外だった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年7月5日のニュース