浦和・大槻監督 開幕戦に向け会見 金Jの呪い解き「何としても勝つ!」

[ 2020年2月20日 13:32 ]

浦和・大槻監督は会見で不敵な笑み
Photo By スポニチ

 浦和はあす21日、開幕のアウェー湘南戦を迎える。この日、大槻毅監督(47)は非公開練習後にクラブハウス内で会見。昨季は7戦全敗に終わった「フライデーナイトJリーグ(金J)」の呪縛を解き、スタートダッシュを誓った。

 「昨季(の金J)は結果として勝ってない。何としても勝ちたい。(21日開催は)われわれの試合だけ。日本中のサッカーに興味ある方、関係者が注目してくれる。だからこそモチベーションも沸いてくる。いい試合をしましょうと選手にも話しました」。

 今季から取り組む4―4―2布陣にも手応えはある。「(ルヴァン杯)1試合を経験したことで、また成長の種も見つかった。バランス、距離感、そこに関してはいいんじゃないかと思ってます。引き続きトライしてよりいいものにしていければ」と話した。

 改めて問われた今季目標については「ACL出場圏内、得失点差プラス2桁です」。また16日のルヴァン杯仙台戦で出場機会のなかったエース興梠の状態については「非公開なので…」と話し、ニヤリと笑った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月20日のニュース