J2千葉 元日本代表DF米倉、23日開幕戦へ気合「いい準備ができている」

[ 2020年2月20日 17:52 ]

 J2千葉は20日、千葉市内で約1時間半の練習を公開で行った。ボール回しなどのあと、各セクションで攻守の約束事を確認するなど入念にトレーニング。23日に本拠のフクダ電子アリーナに琉球を迎え、42試合の長い戦いが幕を開ける。

 元日本代表DF米倉恒貴(31)は「いい準備ができている。(昨季途中に加入し)各選手の特長は分かっているし、年齢的にもゲームをコントロールしなくてはいけない立場だと思う。新しい監督になって、こういうサッカーをするという気持ちを見せないといけない」とした上で、「いかに失点しないか。攻撃では少ないチャンスを決められるかが大切になる。そのクオリティーを求めたい」と話した。

 また、クラブは09年を最後にJ1から遠ざかっており、「昨年の17位という順位をみても、うちはJ2で下位チーム。J1にいるべきチームとか、そういう声に惑わされてはダメ。常にチャレンジ精神を持って、戦っていかないといけない」とトップディビジョン復帰に向けて気を引き締めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月20日のニュース