U23西野タイ 52年ぶり五輪切符届かず…不運PK判定でサウジに0―1惜敗

[ 2020年1月18日 21:43 ]

U23タイ代表の西野監督
Photo By スポニチ

 東京五輪男子サッカーの予選を兼ねたU―23アジア選手権は18日、準々決勝が行われ、前日本代表監督の西野朗氏が率いる開催国のタイ代表がサウジアラビア代表と対戦。後半33分にVAR判定からのPKを決められ、0―1で敗戦。52年ぶりの五輪切符獲得には手が届かなかった。

 史上初めて決勝トーナメントに臨んだタイだったが不運な判定に泣いた。前半0―0のまま折り返した後半33分、MFソラウィットがFWハムダンとの競り合いとなりペナルティーエリア手前でユニホームを引っ張り、その流れのままエリア内で相手選手ともつれながらボールを外へと蹴り出す。ここで主審はまず、最初のユニホームを引っ張った行為に対しFKと判定。しかし、その後VARルームからの助言により判定が変わってPKに。主審は自ら映像をチェックすることなく判定を変えた。

 この事態に西野監督も第4の審判に詰め寄り猛抗議するも覆らず。会場からの大ブーイングのなか、FWハムダン自らがきっちりと決めサウジアラビアが先制。タイは反撃を試みるもシュートまで持ち込めず。開催国ながら微妙な判定により失った1点が響き準々決勝で敗退。52年ぶり3度目の五輪切符獲得まであと2勝に迫るなど大健闘を見せていた西野タイの快進撃がついに止まってしまった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月18日のニュース