横浜FC・カズ キャンプ合流 全体練習は「痛みが取れてから」

[ 2020年1月18日 05:30 ]

取材に応じる横浜FCのFW三浦知良
Photo By 共同

 横浜FCの元日本代表FW三浦知良(52)が17日、チームのキャンプ地・和歌山県上富田町で始動した。

 でん部の疲労で別調整だったが、付近のトレーニング施設で約2時間体を動かした。全体練習への合流時期は「痛みが取れてから。でも焦らずに」と現時点は未定。この日は阪神大震災から25年を迎え、01年から05年途中まで神戸に所属したカズは「1月17日が来ると必ず思い出す。その思いを次につなげていく、そういうものが日本の中で生きていると思うし、大事なことだと思う」と話していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月18日のニュース