森保監督 タイから帰国 1次L敗退「反省」して2月久保、堂安ら欧州視察

[ 2020年1月18日 05:30 ]

タイから帰国した日本代表の森保監督
Photo By スポニチ

 U―23日本代表とA代表を兼任する森保一監督(51)が17日、U―23アジア選手権開催地のタイから成田着の航空機で帰国した。

 1次リーグ未勝利に終わるなど東京五輪に向けた課題は山積みなだけに、「反省しないといけないことがいっぱいある。しっかり改善して次に進まないといけない」と話した。2月には欧州視察を予定しており、今回招集できなかったMF久保(マジョルカ)、MF堂安(PSVアイントホーフェン)らの状態を確認するほか、オーバーエージ(OA)候補の視察にも赴くとみられる。3月の国際親善試合でOAの選手を招集する可能性も浮上する中、足りないピースの見極めを急ぎ、状況改善を図る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月18日のニュース