柴崎 逆転勝利に貢献で最下位脱出 スペイン地元紙「彼のベストゲームだった」

[ 2020年1月18日 05:30 ]

スペイン2部   デポルティボ2-1ラシン ( 2020年1月16日 )

ラシン戦でフル出場したデポルティボの日本代表MF柴崎(右)
Photo By 共同

 デポルティボの日本代表MF柴崎が逆転勝利に貢献した。昨年12月の左太腿負傷から復帰し、12日のスペイン国王杯に続いて連続フル出場。リーグ戦先発は昨年10月20日マラガ戦以来約3カ月ぶり、フル出場は同9月21日カディス戦以来約4カ月ぶりで、地元紙マルカは「柴崎はサプライズ。彼のベストゲームだった」と後半に退場で数的不利となったチームの中盤を支えたプレーぶりを称えた。

 昨年12月に就任したバスケス監督の下、チームはリーグ3連勝。最下位を脱出して21位に浮上した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月18日のニュース