なでしこ・長谷川唯 右ひざ打撲でE―1選手権離脱

[ 2019年12月16日 14:01 ]

<E-1選手権 女子練習>練習には参加したものの別メニュー調整の長谷川   (撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 E―1選手権に参加中の女子のなでしこジャパンをアクシデントが襲った。19年、五輪前最後の公式戦となる大会最終節の日韓戦(17日)を前に、司令塔のMF長谷川唯(22)の離脱が決定。2得点に絡んだ中国戦で相手との接触により右ひざを打撲していた。

 午前中の練習に別メニューで参加した後、取材に対応。「韓国と試合をやりたかったし残念だけど、治してまた向こうで頑張れれば。(チームメートには)頑張って、って最後に言ってきました」と話した。午後の便で帰国する。

 また今大会2戦5発のFW岩渕真奈主将(26)もコンデション不良のため16日の前日練習を欠席した。暗雲がたれ込めているが、高倉監督は不安を一蹴。「もちろん岩渕や長谷川は今まで中心でやってきたけど、それとまた違った色で十分やっていける選手たち。ネガティブな要素は一切ない。新しいことでやっていけると思っている」と力を込めた。

 日韓戦に引き分け以上で10年以来4大会ぶりのタイトルが決まる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月16日のニュース