森保監督、韓国―中国戦を視察 韓国への警戒強める「強かった」

[ 2019年12月16日 05:30 ]

E-1選手権(男子)   日本-韓国 ( 2019年12月18日    韓国・釜山 )

練習を終えた仲川(右)と話す森保監督   (撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 日本代表の森保監督が15日、スタッフらとともに韓国―中国戦の試合会場を訪れ視察した。

 1―0で勝利した韓国について「強かったと思います。(決勝点が)決まったのはセットプレーでしたけど、力はある。楽しみです」と語った。

 また、練習では代表活動中の恒例となっている選手との“個別面談”を実施。香港戦の先発組がリカバリーを終えた後、まずはMF田中碧と対話し、その後に大島、仲川と続けた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月16日のニュース