J1参入PO見直し検討へ 村井チェアマン「丁寧に議論していきたい」

[ 2019年12月16日 05:30 ]

Jリーグの村井チェアマン
Photo By スポニチ

 Jリーグの村井チェアマンが15日、前日14日に閉幕したJ1参入プレーオフ(PO)の開催方式について「いろんな角度から公平性を考え、丁寧に議論していきたい」と改めて議論する意向を明かした。

 今季の同PO決定戦ではJ1の湘南がホームにJ2徳島を迎え1―1のドロー。勝敗が決しない場合、J1を勝者とする規則から残留を決めたが、徳島のロドリゲス監督は「J2クラブにとって不公平だ」と不満を口にしていた。これまでも中立地やホーム&アウェー方式での開催を求める声などが挙がっていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月16日のニュース