矢板中央は1回戦で大分と対戦 長江主将「目標はまず昨年度の8強を超えること」

[ 2019年11月18日 21:08 ]

<高校サッカー・抽選会>壇上でガッツポーズする出場各校の選手たち(撮影・尾崎 有希) 
Photo By スポニチ

 第98回全国高校サッカー選手権の組み合わせ抽選会が18日、都内で行われ、矢板中央(栃木)は1回戦で大分(大分)と対戦することが決まった。

 DF長江皓亮は「堅守から早い攻撃につなげるのが自分たちのスタイル。今年はチーム力を大事にしていて、雰囲気もいい」と自信を垣間見せた。目標はまず昨年度の8強を超えること。その先に日本一を見据えている。

 個人としても大会に懸ける思いは強い。前回大会では直前に負傷し、ベンチでチームの敗戦を見届けた。「自分の武器は空中戦。対人の強さを活かして、昨年度の悔しさを晴らしたい」。リベンジを誓う主将が、最終ラインからチームを引っ張る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年11月18日のニュース