U22小川 相手GKと1対1の決定機外し「ふがいない」

[ 2019年11月18日 05:30 ]

サッカー親善試合   U22日本 0-2 U22コロンビア ( 2019年11月17日    Eスタ )

<U22日本・U22コロンビア>後半、小川(中)はシュートを放つもポストに当て、頭を抱える(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 U―22日本代表のFW小川は唯一と言っていい決定機も、右足でのシュートはポストを叩いた。

 0―2の後半36分、久保から堂安を経由したパスが前線に。うまく抜け出し、相手GKと1対1の場面をつくるが、最後の精度を欠いた。試合後は「ふがいない」と悔しそうだった。1トップといえばOA枠の招集も有力視されるだけに、「次、選んでもらえる機会があればラストチャンスと思って死に物狂いでやります」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年11月18日のニュース