堂安&久保 U22先発初共演もまさか不発…連携不足に「危機感」

[ 2019年11月18日 05:30 ]

サッカー親善試合   U22日本 0-2 U22コロンビア ( 2019年11月17日    Eスタ )

<U22日本・U22コロンビア>前半、ドリブル突破する堂安(手前)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 東京五輪世代2枚看板の融合はならなかった。2シャドーの位置で先発したU―22日本代表の久保と堂安は個々では技術の高さを見せたものの、2人を中心としたチーム全体の連係面には課題を残した。「(連係不足は)言い訳にせずにやっていくしかない」と久保が悔しさを押し殺せば、堂安は「危機感しかない。改善しないといけない点はたくさんある」と渋い表情を浮かべた。

 国際親善試合のスタメン競演は初。不慣れな3バックシステムの中、FW上田を含めて前線3枚が孤立した。堂安がFWの位置まで上がって、久保をトップ下気味にするなど「いろいろトライしたけどうまくいかなかった」(堂安)。4バックに変更後は細かいパス交換が生まれだしたが、久保はFKのみのシュート2本、堂安も同2本に終わった。

 ともにあえて収穫と強調したのは負けたこと。久保は「五輪本番で“あの時に負けて良かったな”と思えればいい」と話したが、A代表常連組の2人がもっと輝かなければ、金メダルなど届きはしない。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年11月18日のニュース