44歳の元日本代表MF伊東輝悦、3年ぶりJ出場へ意欲 「稲本得点してたの?」ゴールなら最年長記録

[ 2019年7月10日 17:11 ]

3年ぶりのリーグ出場へ意欲を見せる沼津MF伊東(右)
Photo By スポニチ

 J27年目で96年「マイアミの奇跡」の立役者、J3沼津・MF伊東輝悦(44)の3年ぶりリーグ戦出場がちらついている。

 ここ4試合で3度のベンチ入り。出場はないが、加入3年目で最も多くベンチに座っている。「ベンチに入るということは、準備ができているということ」とニヤリ。この日も若手とともに約2時間汗を流し、ボランチで鋭い縦パスを入れるなど精力的に動き回っていた。

 チームは現在12位。J3参入初年度の17年3位、昨年の4位と比べ物足りない。故障者も多いが「だからこそ出場していない選手にはチャンスなんだ。若手だって、俺だって」と、16年秋田時代以来となるリーグ戦のピッチへ意欲を見せた。

 次戦は14日にホーム・愛鷹で群馬戦。出場どころか得点すれば、6月に元日本代表の相模原・MF稲本潤一が39歳8カ月で記録したJ3最年長得点を大幅に上回る。愛鷹が盛り上がることは間違いない。

 「えっ、稲本得点してたの?俺、結果とか気にするけど、得点者とかあんまり気にしてないんだよ」と記録には冷静だが、本拠地出場へは気分は高まる。「若手にもっと頑張って欲しいけど、(サポーターに)元気な姿を見せたいよね。体調はいいよ」。生きた教材は心地よさそうに汗をぬぐった。  (大木 穂高)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年7月10日のニュース