J契約担当者会議、U21リーグ新設を提案 東京五輪開催中は中断

[ 2019年7月10日 05:30 ]

(/) Jリーグの契約担当者会議が9日、都内で行われ、新たに「U―21リーグ」創設が提案された。18歳で育成を終える概念を21歳にまで引き上げ、若手の試合環境を整えようとするもの。J1では来季からの導入も提案されたが時期尚早とする声が大多数を占めた。

 また来季日程について議論され、開幕は2月中旬へ前倒しされる。7~8月の東京五輪期間中はリーグ戦も中断。また鹿島、浦和など本拠地が五輪関連で使用されるクラブでは6月から約3カ月間もホームスタジアムが使用できなくなる見通しで変則的な日程となる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年7月10日のニュース