久保、トップチームとモントリオール合宿入り 21日デビューの可能性も

[ 2019年7月10日 07:16 ]

<レアル・マドリード モントリオール宿舎 到着>大勢のファンが待ち受ける中、モントリオールの宿舎に到着した久保らレアル・マドリードイレブン(撮影・西海健太
Photo By スポニチ

 レアル・マドリードの日本代表MF久保建英(18)が9日(日本時間10日)、元フランス代表MFのジダン監督率いるトップチームともに合宿地のカナダ・モントリオールに入った。マドリードからチャーター機で約7時間。モントリオール国際空港では税関を通らず、チャーター機に横付けされた「2019カナダツアー」とラッピングされた専用バスに乗り込み、パトカーに先導され滞在するケベック州最高級ホテルに到着。待ち受けた100人近いサポーターから大声援が送られた。

 今遠征にはBチームから久保を含め6選手が参加。フィジカル主体のトレーニングが予定されるモントリオール合宿は18日まで行われる。その後は米国に移動し、インターナショナルチャンピオンズ杯に出場。久保は早ければ初戦の21日のバイエルン・ミュンヘン戦でデビューする可能性がある。

 FC東京から世界屈指の名門に電撃加入した久保は今季は3部所属のBチームでプレーする見通しだが、今季中のトップデビューも期待されている。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年7月10日のニュース