鹿島・安西、ポルティモネンセ合意 先輩内田も後押し、欧州CL4強目標

[ 2019年7月10日 05:30 ]

ポルティモネンセ移籍について語る鹿島DF安西
Photo By スポニチ

 鹿島は9日、DF安西幸輝(24)の完全移籍をポルトガル1部ポルティモネンセと基本合意したことを発表した。メディカルチェックの後、正式契約を結ぶ。

 攻撃的サイドバックの安西は、昨年J2東京Vから鹿島に加入。今年3月にはA代表デビューを果たした。「3年後のW杯が一番の目標。日本で一番いいサイドバックになるために行く」と移籍を決意した。

 憧れの存在という先輩のDF内田には6月中旬に報告。すると「行け。苦労してこい」と背中を押されたという。そしてシャルケ時代の内田のように「欧州CLに出てベスト4まで行ったら認めてやる」と激励された。「篤人くんと同じ景色を見たいし、見ないといけない」。24歳の挑戦が始まる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年7月10日のニュース