川崎F、敵地白星で天命待つ 指揮官「自分たちに集中」

[ 2019年5月21日 05:30 ]

ACL1次リーグ・H組   川崎F―シドニーFC ( 2019年5月21日    ジュビリー )

記者会見する川崎F・鬼木監督
Photo By 共同

 川崎Fが21日、アウェーでシドニーFCと対戦する。現在グループ3位。逆転での2年ぶり5度目のACL16強入りにはまずシドニーFCを撃破した上で、既に突破を決めている蔚山(韓国)をホームに迎える上海上港が引き分け以下で終わる必要がある。 

 
 厳しい条件となるが、前日会見で鬼木監督は「自分たちに集中することが全て」と語った。まずは昨季のオーストラリア王者を敵地で倒して天命を待つ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年5月21日のニュース