浦和 ACL1次L突破へアクシデント…MF柏木が試合序盤に負傷交代

[ 2019年5月21日 19:34 ]

ACL1次リーグG組   浦和―北京国安 ( 2019年5月21日    埼玉 )

<浦和・北京国安>前半、負傷交代の柏木とオリヴェイラ監督(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 サッカーのACL(アジア・チャンピオンズリーグ)1次リーグ最終節が21日、各地で行われ、G組2位の浦和は同3位の北京国安(中国)と対戦。16強進出には勝つか0―0の引き分けという条件が必要な一戦で前半12分にMF柏木が負傷交代となるアクシデントに見舞われた。

 キャプテンマークを巻いて先発出場した柏木は試合開始早々に相手の6番、MFチー・ジョングオと接触。滑り込みながらボールを競りに行った柏木の足に遅れて相手の足先が重なり、ピッチ上でしばらく倒れこんだ。

 柏木はその後プレーを続けるも前半12分にMF長沢と途中交代。チームは早々と司令塔を欠くことになった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年5月21日のニュース