本田圭佑 メルボルンV退団発表「次の挑戦のために出発」 22日ACL広島戦がラストマッチ

[ 2019年5月21日 10:01 ]

本田圭佑
Photo By スポニチ

 豪メルボルン・ビクトリーは21日、元日本代表MF本田圭佑(32)が今季限りで退団すると発表した。明日22日のACL広島戦がラストマッチとなる。

 本田はクラブを通して「私はメルボルンの選手だったことを誇りに思い、プレーできたことに感謝しています。次の挑戦のために出発しますが、メルボルンでの時間を決して忘れません。クラブの幸運を祈ります」などとコメントを発表した。

 またクラブは「昨年の彼の働きに感謝し、彼がすべての将来のために最善を尽くすことを望みます」とエールを送った。

 昨年8月に360万米ドル(約4億円)の10カ月契約で加入した本田は、レギュラーシーズン18試合で7得点5アシストをマーク。プレーオフは2試合2アシスト、ACLは3試合1得点で、公式戦は23試合8得点7アシストだった。注目される去就については、今月3日に地元テレビ局FOXスポーツのインタビューで「ここでは1年と思っていた」と語り、今季終了後に退団する意向を示していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年5月21日のニュース