G大阪FW呉屋がJ2長崎へ期限付き移籍「移籍することがベストの選択だと」

[ 2019年3月22日 18:38 ]

 J1のG大阪は22日、FW呉屋大翔(25)がJ2長崎に期限付き移籍することが決定したと発表した。移籍期間は2020年1月31日まで。呉屋は同期間中、G大阪と対戦する全ての公式戦に出場することができない。

 兵庫県川西市出身の呉屋は流経大付柏高、関西学院大を経て2016年にG大阪入り。昨季はJ2徳島へ期限付き移籍し、今季からG大阪に復帰していた。リーグ戦の通算成績はJ1が23試合2得点、J2が7試合1得点。

 呉屋はG大阪を通じ、「長崎に移籍することになりました。まずこのタイミングでの移籍を許してくださったクラブに感謝しています。そして今年僕のユニホームを買ってくれたファン、サポーターの方たちには期待に応えることが出来ず本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。しかし僕が1人のサッカー選手として考えたときに移籍することがベストの選択だと思いこの決断をしました。少しでも僕の活躍が皆さんの耳に届くように頑張ってきます!」とコメント。

 新天地となる長崎を通じては「長崎という素晴らしいクラブに加入することができてとても嬉しく思います。シーズン途中の加入になりますがチームの勝利に少しでも貢献できるように頑張ります」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月22日のニュース